経済的困難を抱える子どもの学習の支援

活動内容

厚生労働省によると、2012年の「子どもの貧困率」は16.3%となり、日本の子どもの6人に1人が経済的困難を抱えていると言われています。学習に関して十分な支援を受けられず苦手意識をもってしまったり、進学をあきらめてしまったりしている子どもが数多く存在する一方で、それぞれの地域で活動する個々の民間団体が子どもたちを支援しようとしても手が届く範囲は限定的にならざるをえません。
当財団は、日本の各地で素晴らしい支援活動を行っている団体に対して、活動を応援し、発展を促進していくことで、より広く、多くの子どもたちに支援が届くよう取り組みます。

活動項目
  • 経済的困難を抱える子どもたちの学習支援に取り組む団体への助成事業

活動報告

ページの先頭へ戻る