経済的困難を抱える子どもの学びの支援

活動内容

日本において、子どもが相対的貧困率は14%近く、経済協力開発機構(OECD)加盟26か国の平均を上回っています。
重要な社会課題である「子どもの貧困」に対し、全国の各地域で活動するNPO等の団体への助成を通じて子どもたちを支援すると共に、団体同士のノウハウの共有やネットワークづくりのサポートにも取り組みます。加えて、多くの団体が共通に抱える課題への相互連携の取り組みを促進し、地域全体で課題を解決していくような枠組みづくりなどの事業も進めます。

厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査の概況」より
活動項目
  • 経地域全体で課題を解決していくような活動の枠組みづくり
  • 経済的困難を抱える子どもたちの学び支援に取り組む団体への助成事業

活動報告

ページの先頭へ戻る