グローバル社会を生きる子どもの学び支援

活動内容

国際化・情報化が進み、価値観が多様化し、めまぐるしく変化する時代なった一方で、日本の子どもたちの自己肯定感や主体性の弱さ、内向き志向などが社会的な課題となっています。子どもたちが自分の価値観を持って主体的に社会と関わり自らの未来を切り拓いていくための力を醸成する必要があります。
当財団は、すでに先進的な取り組みがある団体と連携しながら、「体験型で実践的な学び」 「異文化への理解と学び」「社会と自分自身への理解とその関わりを考える学び」「多様な進路につながる気づきや学び」などの機会提供に取り組みます。

活動項目
  • グローバル社会を生きる子どもたちにとって必要な学びの機会の提供

活動報告

ページの先頭へ戻る