子どもの安心・安全を守るための活動

活動内容

未来ある子どもたちが、安心して学習に取り組み、自らの可能性を広げられる社会の実現には、子ども自身が自分を守るための力を育むとともに、子どもを見守りながら育てられる地域の環境づくりに取り組むという両輪の推進が必要です。
「安全教室」や「防犯ボランティア」「こども110番」など安全・防犯の取り組みへの関心も高まるなか、当財団では、専門家と連携しながら、家庭内での学びや、地域での見守り活動などに役立つ、子どもの安心・安全に関わる知見の提供に取り組みます。

活動項目
  • 子ども自身の安全意識を高める教育プログラムの開発・提供
  • 子どもを取り巻く「安全」「防犯」につながる環境の整備や社会的な取り組み支援

活動報告

ページの先頭へ戻る