• ホーム
  • 更新情報
  • お役立ちコンテンツ
  • 活動事例
  • 安全コラム

防災

幼児 紙芝居

就学前の子どもが、自分自身を守るために行動できる!じしんのときの おやくそく

対象:幼児
版型ページ数:A3 16枚 制作協力: (株)ベネッセコーポレーション〈こどもちゃれんじ〉
申込書FAX用紙はこちら

コンテンツは、無償で提供しています

  • 公益財団法人ベネッセこども基金 安心・安全窓口 TEL:04-7137-2570 日・年末年始を除く月~金 10:00 〜17:00
    • ・必ず報告書(アンケート)のご提出をお願いいたします。
    • 送料はご負担いただきますが、本サイト内での活動報告などをご協力いただける場合に限って、送料のご負担についてのご相談に応じます。
    • ・左記にご連絡いただくか、専用の申込書に記入の上、FAXにてお送りください。

紙芝居のベースとなった防災絵本「じしんのときの おやくそく」は、2013年に㈱ベネッセコーポレーション〈こどもちゃれんじ〉により、復興支援チャリティの絵本として制作されました。
専門家の方々の知見と〈こどもちゃれんじ〉の教材制作のノウハウ生かして、万が一、地震が起きた時に「本当に子どもに取ってほしい行動は何か」ということを、子どもたちが関心を持ち、実際の行動として学んでいけるように作られたものです。
ベネッセこども基金は、「じしんのときの おやくそく」のお話を譲り受け、キャラクター"しまじろう"の使用許可を得て、紙芝居として再構成いたしました。

ストーリー

しまじろうは、おかあさんと地震の時は「あおにんじゃ」が大切と教わりました。それからしばらくしたある日、ちゃれんじえんで地震が起こりました。
しまじろうは、「あおにんじゃ」の約束を守れたでしょうか。

「あおにんじゃ」が子どもたちの合言葉になることを願って

絵本を制作した当時は、「ようやく被災地のためにできることが見つかった」ととても嬉しく思ったことを覚えています。子どもたちに恐怖心を与えないよう、幼稚園で教えていた経験を生かして、工夫しながらお話をつくっていきました。その上でこどもちゃれんじのキャラクター・しまじろうはとても重要な役割を担っています。子どもたちにとって等身大の存在であるしまじろうがいることで、子どもたちは安心して、しまじろうと一緒に地震を疑似体験し『あおにんじゃ』(キーワード化した地震時の行動)を練習できるのです。
この防災教育紙芝居が幼稚園・保育園で読み続けられて、いつか、「じしんのときは『あおにんじゃ』。おむかえくるまでまっててね」というフレーズが、日本中の子どもたちの「合言葉」となることを願っています。

作家(作詞・おはなし) わたなべ もも さん

利用者からの声

  • 幼稚園教諭
    早速この紙芝居をつかって避難訓練をしました。日々の避難訓練と合わせて、子どもたちの安全を守るための取り組みにより一層はげみます。
  • 消防署担当者
    消防士の幼児向け指導に活用します。

がついている「PDF」形式のコンテンツをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。